muneの写真日記

mune6041.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 15日

貨物列車の魅力は?

この間の撮影で東海道線の貨物も何度か撮影したので紹介する
特に目新しいモノは無いが、地味な魅力を感じる
先ずはEF66号機

70-300mm 1/1000 f/4.5 ISO160
2月13日 近江長岡〜醒ヶ井
伊吹山をバックに走行するEF66、汚れたボディーだが力強く走行してゆく
このスピードは新幹線に比べるとかなり遅く感じるが車で併走しても直ぐに追い抜かれる
時速80㎞は十分出ていると思われる

次にもっとも有名なEF210通称桃太郎号のぷち俯瞰撮影

70-300mm 1/1600 f/5 ISO250
2月10日 近江長岡〜柏原
ここは新幹線と併走する場所である、新幹線が高速で追い抜いていくが何も動じないでマイペースで走行する姿は立派である、この落ち着きは私たちも見習うべきである
そんな貨物の魅力を最近少し感じている
[PR]

by mune6041 | 2011-02-15 21:47 | 鉄道写真 | Comments(2)
Commented by 天浜線 at 2011-02-17 20:02 x
こんばんは。
初めてコメントさせてもらいます。
貨物は奥が深いです。運ぶ荷はコンテナはもちろん、ガソリンを入れたタンク車や新しく製造された電車なども運んでます。
貨物は最高で26両繋げる列車もあります。速度は、一番速いので110㎞/hで走る貨物もあります。
夜中走るやつのほうが速度は速いですね。これからもよろしくです。
Commented by mune6041 at 2011-02-17 22:24
☆こんばんは、天浜線さん!
ようこそお立ち寄りくださいました。
えあらいんさんのブログでお名前は拝見しておりました、こちらこそよろしくお願いします。
在来線や貨物については全く知識が無く、関ヶ原ちはるさんやJRCさんのまねごとをしているだけです
また情報やご指導頂ければ幸いです


<< 今日のドクターイエロー      SLの魅力 >>